すぐかぶれる肌に相応しい日焼け対策

かぶれやすい肌の方は、普通の人とは違い、異物を受け止める皮膚厚が無いため、より慎重な姿勢が求められます。いきなり普通に使って、広範囲がかぶれて大変な目に遭うのは嫌だと思いますので、本格的に使っても大丈夫かどうかを確かめます。

やり方ですが、日焼け止めは顔に塗る機会が多い、だから顔で試そう、と考えるのは良くありません。万一の事を想定し、腕裏といった、皮膚薄で正しい反応を表に出しやすく、かつトラブルになっても人目につきにくい所で試し塗りした方が安全です。刺激に耐えられるかが、分かれ目となります。2日くらい待って、無反応ならOK、発赤した、痒い等が出たら中止します。テストは店頭で可能なら、ぜひ試します。

お勧めなのがオーガニックタイプです。今流行で、意識して探し回る人もいるくらいです。化学成分を極力使わない環境で育てた植物を使った点が売りで、海外では認定機関も建ち、購買者は認定を参考にして選ぶ模様です。

日本では依然そうした認定機関が根付いておらず、企業がそれぞれ敷いた独自のルールに合った物をオーガニックとして販売しているのが実情です。

ノンケミカルと呼ばれる合成成分無しの商品もお勧めです。合成成分の代用にゴマ油等のオイルを使用していて、簡単に落ちてくれます。ただ日焼け対策としての効力は劣ります。また、商品として成り立たせるため、致し方なく合成成分が最低量混ざっている物もあります。全ての肌に付けても大丈夫な保障はないのがデメリットです。

最初に述べましたテストでお試しする事が、すぐかぶれる肌の人に望まれる日焼け対策する時の姿勢です。

カテゴリー: お馴染みアイテム日焼け止めを知り尽くす タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です