どうして日に当たると焼けるのか

皮膚中には、紫外線という害有る物質を含んだ太陽光を遮る、傘のような役目を果たす、黒色をした粒が点在します。

日に当たり過ぎると、有害物質が過剰侵入してくるのを阻もうと、この粒らが沢山出現するために皮膚が黒くなります。いわゆる日焼けと称された現象です。夏真っ盛りの海を泳いだ日以降、しばらく肌が黒に変貌するのは、体に日光中の紫外線を目いっぱい接触させたのを契機として、粒がしっかり呼応したからです。

薄皮が取れていく現象は、肌色が黒くなるのとは無関係です。あまりに強い太陽熱が体に当たり、皮膚の水気をカラカラに飛ばした事で起こります。細胞が死ぬともう使い物にならないので、自浄作用で剥がれていくのです。ヤケドに等しい状況ですから、こうならない方が、健康には良いです。

日焼けの現れ方には、黒くなる他にも、発赤するだけで治まるタイプがあります。どちらとも紫外線ダメージを止めようと、肌を変えて守る反応ですが、発赤の方は粒の生成能力があまり高くないため、黒になるまで変化が進みません。守る力が強いのは、真っ黒になるタイプといえます。

日焼け対策を特にせずとも、元から体には性能の違いあれど防御システムが控えてはいます。が、頼り切る訳にもいかなくなりました。

かつて赤ちゃんをスクスク育てる方法として、日光浴は重要と思われていました。国も積極姿勢を取るよう促していましたが、現在は切り替わって、過度な日光浴を勧めない形に変わっています。紫外線が与えるデメリットが甚大と、明らかになったからです。

有害と位置付けられた日に当たる行いは、普段の生活では避けるのが非常に困難です。ゆえに自発的な日焼け対策が求められています。

カテゴリー: 日焼け対策する大切さ タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です