スキンエイジングの速度が早まる

日焼け対策を施しておかないと、近いうち一番害として表面化する現象が、スキンエイジングです。

その代名詞であるのがシワです。外見の印象をダウンさせるシワは、出来る事なら一生刻まれて欲しくありませんが、普通は年齢に比例してしっかり現れ、私達の気分を台無しにします。普通に過ごしていても容赦なくやって来ますが、加えて紫外線が追い立てます。

スキンの奥底、見えない部分ではコラーゲンと呼ばれる支えが交わり組まれ、下からスキンを持ち上げています。お陰でまっすぐ均した状態を維持できています。

ところが、紫外線に触れていると支えが、プッツリと切れたり、分解されたりしてしまい、そこがダラリと窪み垂れて、シワと呼ぶ現象が眼前に露わになります。

もう一つ、シミも避けたいエイジングです。出来てしまっても普通は細胞入れ替わりの活動で、自動に消え去ってくれます。ところがずっと日に当たっていると、シミに居座られます。太陽をケチャップと例えると、シミは服汚れです。何度も付けられると、しっかり洗っても元の白に戻ってくれなくなるイメージです。

美を貶める犯人が紫外線なのは明白です。紫外線が確実に照射される顔、手の甲はスキンエイジングが早まっているのが如実に分かりますが、陰になりやすい太ももの内や、服で覆われたウデ等は綺麗なままであると思います。

太陽がある限り、四六時中はおろか年中ずっと降るため、日焼け対策がエイジングを遅くする砦です。たとえ夏のようなギラギラでなくとも、油断していれば徐々に、確実に痛め付けられますので、日焼け対策を無視するといけないのです。

カテゴリー: 日焼け対策をしないリスク タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です