スキンタイプによる焼きやすさ

春から夏のシーズン中、日に当たり続けていると、肌はどう変化しますか。同じ光でも、焼ける状態には差が見られます。焼けた時、自分は真っ黒になったのに、友達は赤くなっただけ、というシーンに会った経験は、一度や二度はあったと思います。

人種別に見ますと、白人は真っ黒になり辛い体質を持っており、日本人は比較的焼ける体質ですが、同じ日本人でも様子が違い、大まかに3つ分けられます。

色白な肌である事が多く、浴びても赤味を帯びるだけのスキンタイプ1、浴びると初めに赤くなって、それから次第に色濃くなる、一番該当者が多いスキンタイプ2、赤を経ずにいきなり黒くなる、滅多にいないケースであるスキンタイプ3です。

人によって焼ける様子が異なるのには、生成可能メラニン量が関わります。遺伝で肌を守る成分を生み出せる能力が決定されており、能力が高ければよく反応して黒くなって、小さければ赤くなる段階で止まります。

白肌を得たい女性にとって、赤くなるで済む人が羨ましい限りですが、健康上では黒い方が良いです。黒とは保護パワーが優れている訳なので、病に罹りにくいのです。黒くならなかったとしても、太陽光の影響を受けていない、と早合点するのは大間違いです。スキンタイプ1の人こそ危険で、将来の肌を慮って日焼け対策を入念に行います。

いずれにせよどんなスキンタイプであろうとも、紫外線は中まで入って悪を働く事が、研究により分かっております。日焼け対策は、誰しもがやっておくべきという事です。

カテゴリー: 日焼け対策する大切さ タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です