テクスチャの違いを知って使いこなす

日焼け止めというと、しっとり目でドライスキンに馴染むクリームや、伸びに秀で、カラカラになる冬にお勧めのシットリタイプと、心地に秀でたさっぱりタイプに分かれる乳液を想像する人が多いと思います。最近はもっとたくさんのテクスチャが存在します。

人気のジェルは水に似た心地良い触りで、使用感の良さが好評を博しています。

シートタイプもあります。楽に携帯でき、ちょこっと塗りたい時にサッと使えるのが利点です。

最近では海でもすぐ流れて消えないよう、水を弾くウォータープルーフが登場しています。外に出れば汗がノンストップな季節には、まさにうってつけです。

従来の液状は、塗るのに手間がかかったり、塗りが甘くなったりする点が問題です。そこで広いエリアにわたって瞬時に万遍なく付けられる、スプレーがお勧めです。

制汗スプレーと同じ感覚で、背中や首後ろ等にシュッシュと吹きかけるだけで日焼け対策が完了するのが魅力です。髪にも使えるタイプもあり利便性抜群です。

同所に吹き付け続けると、白く跡が残ってマダラになりそうな感じがしますが、大丈夫です。白く残らないよう出来ております。マイルドなタイプも売っているので、肌が頑丈でない人にも使えます。

パウダー型はメイクオン時、取れてきたので日焼け止めを再び塗りたくなったが、きっちりと整え直すのは面倒、そう思った時に活躍します。メイクしている最上から日焼け対策可能な上、毛穴レスになって綺麗さも上昇です。カラーバリエーションの幅が広く、各々肌に馴染む色を選び取れます。

カテゴリー: お馴染みアイテム日焼け止めを知り尽くす タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です