光アレルギーでかぶれる腫れる

光アレルギーとは、日に当たった箇所が酷い掻痒になる、異常性を現す症状です。

紫外線が要因とされ、発症理由は生まれつきであったり、飲んでいる薬が引き起こしていたりと色々考えられ、解決法も様々です。

薬を飲んだ時に必ずアレルギーが出てくるならば、薬が疑わしいです。飲んで即座に出る場合、しばらく続けていて平気だったのに、ある日突然見舞われる場合があります。

薬は何も飲み込むタイプだけとは限りません。病院やドラッグストアで普通に売られる、炎症を抑える系の湿布や塗り薬も含まれます。

実に手軽に薬が買えるのは結構な事ですが、光アレルギーで苦しむ人が増大中という隠れた弊害が存在します。

湿布は、昔貼っていたのも該当します。すっかり忘れた頃に発症するパターンがあるからです。

ケトプロフェン等を含ませた薬は要注意で、炎症を抑える効き目は凄い代わりに、光アレルギーという厄介な副作用が隠されています。

該当成分にピッタリ一致しなくとも、敏感になった体が間違って反応する場合もあり、日焼け止め等の化学成分には重々配慮しましょう。メイク品や漢方薬、ビタミン剤でも出る可能性は残されます。

もしも何かこれまでとは変わった珍しい習慣を取りいれた自覚がおありでしたら、まずそれを疑ってみて下さい。

製薬会社の自発的警告により被害は減ってきたとの話ですが、ゼロではないです。対応は医者に相談します。

いったん発症したら、最低でも3か月は日焼け対策を施し、遮光する必要があるとされます。隅から隅まで行き届かせた日焼け対策を行い、紫外線接触量の減少に努める事になります。

カテゴリー: 日焼け対策をしないリスク タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です