動き回る子供には日焼け対策をしっかり

紫外線ボリュームが際立った豪州では、お子さんにはしっかりした日焼け対策を、と親に義務づけています。日本は流石に豪州規模の日は降り注いでいませんが、現代では紫外線の危険性が十分認知され、子供へのケアも重視されつつあります。

紫外線がもたらすスキンエイジングの進行しやすさ、関連病に襲われるリスクは、産まれた時から受け続ける太陽光量で決まります。一生に受け取る光量のうち半分は、0歳から高校3年の間に浴びるといわれます。特に幼い子供の頃や成長期は、屋外で長らく活動する機会に恵まれる傾向だからです。

子供の頃に大部分浴びるという事は、この内に、日焼け対策で守っておけば、将来の肌を明るく照らせるも同然となります。

単純に外に出すのを控えれば良いという話でもありません。幼い子供は色々動いて遊びたい盛りですし、外での活動は精神形成にとても有意義で、機会を減らすのは頂けません。そこで親に、春夏は日焼け止めを使用させる、帽子を常に被らせる等、日焼け対策意識を持ってもらう事になります。

お子さんに用いる日焼け止めは、刺激のあまり無い物を推奨します。赤ちゃんよりかは幾分肌が育ち、頑丈にはなったものの、強力な物を使うにはまだ時期が早過ぎます。使ったら恐らくカブれてしまうでしょう。

子供用と銘打つ商品ならば、どれでも優しいと思われるかもしれないですが、必ずしもそうと言い切れません。売るためにそうした宣伝をしているだけで、実際は刺激が強い、もしくは相性が悪いのも存在します。先にパッチテストで使ってみて大丈夫な事を認めて、柔肌を無闇に痛め付けない配慮が必要です。

カテゴリー: シチュエーションにピッタリな日焼け対策を実践する タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です