外出先での目的ごとに日焼け対策を使い分ける

日焼け止めは一番強力な商品を始めから選びさえすれば、どんな目的で外に出ようが、チョイスに迷わずに済むとお考えかもしれませんが、違います。肌への考慮をして下さい。何をしに出掛けるか、その目的ごとに、程度の強弱を決め、使い分ける事が大切です。

レジャーでは長い間、数時間はずっとギラつく日の下にいるため、肌がヤケドしたような状態に高確率で変わります。エネルギー消耗の激しい運動をするならSPFが40以降を、PAはプラスの数がマックスのを使います。

ウィンタースポーツをしに出掛けるとしても、日焼け対策はしておくべきです。汗がいっぱい出るため、もう一度塗る行いは必須です。簡単に落ちないウォータープルーフ型を使うのも良案です。唇への日焼け対策も見落とさぬようにします。

テニスはコート、海泳ぎでは水面、スキーでは雪面から、反射があり色んな方向から光が来る羽目になります。キャップやサングラスも役立ちます。

視野が狭まって邪魔になる理由で、サングラスを敬遠する方もいるでしょう。しかし皮膚と違い、目を守ってくれるのはそのアイテムのみです。あるいは専用コンタクトレンズを装着する手も言えます。

普段何気ない行動を何遍も繰り返していくうちに、徐々に黒くなっていく場合もあります。ちょっとゴミを出しに、洗濯物を干しに、と出た際も日光に影響されます。平気でいられるよう主にAを防ぐ日焼け止めを付けておきます。

ところで家の中の、いつも日に当たる床や家具が変色していませんか。紫外線は中までバッチリ入るという事実を示しています。外出予定がない場合でも日焼け対策は万全に備える事が必要です。

カテゴリー: シチュエーションにピッタリな日焼け対策を実践する タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です