年中降り注ぐ紫外線に対する日焼け対策

四季で異なる紫外線のボリュームですが、多いシーズン、真夏にだけ気を払っている人の数が圧倒します。日本でも日焼け対策に興味を寄せる人々は増えていますが、依然見通しが甘い人が沢山なのも事実です。真夏限定の話と油断していると大変です。

予想では真夏が一番紫外線が最多かと思いきや、正解は6、7月です。勢い付いてくるのは春を迎えた3月です。

3月と聞いてもいまいち実感が湧かないかもしれませんが、学生時、運動部に所属していた方なら合宿等外で動く時間が多かった時、春でも黒々していたのではありませんか。いつも外で作業する人々も、既に肌がコンガリしている姿を見た経験がないでしょうか。従いまして日焼け対策は行うなら、春からしておくのが賢明です。

よく晴れた日や、照り付けの激しいシーズンは、日焼け対策を念入りに行おうと誰もが考えるものです。しかし、太陽がギラつかないシーズンはしなくていい訳ではありません。

真冬の1月ともなれば、太陽の勢いはかなり落ちます。とはいいつつ日焼け対策は欠く事はできません。小量でも、長く何時間も日の下におれば、真夏時に近いダメージが来ます。肌寒く、太陽がさほど主張しない冬だとしても、何がしかのカバーは必要です。

要は日焼け対策は全季節求められます。日陰に入る、日傘を使う、帽子を装着、関連衣類を着る等なるたけ、日光に晒さない努力を行うのが、肌を守れるメリットにつながります。

日焼け対策は、やり過ぎると全身覆う格好となり見た目が怪しくなるので、アイテム数を控える等して適度を心掛けます。

カテゴリー: シチュエーションにピッタリな日焼け対策を実践する タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です