必ず目にするSPFとPAの説明

SPFとは特にサマーシーズンに照り付けるタイプの日光を、どのくらい肌に入れないかの目安を指します。日を浴びた際に出来る発赤変化が生じるまでの時間を、どれだけ稼げるかが書かれています。

例を挙げますとSPF30だとすると、赤くなるまでの間を30倍に延長できます。仮に20分浴びるとヤケド状になる人が、これを塗って日焼け対策をしたとします。元来、たった20分だったのを、30倍分酷いダメージを抑える効果を得られるため、10時間は焼けにくい状態の保持が可能になります。

日本では現時点では最高数値50までが存在します。しかし、30と比べてさほど効果に差はないです。

PAは徐々に侵攻してシワ等を作るAをはじくパワーの程度を示しています。日本では今では4段階設けてあり、プラスがたくさんある程効き目が大きいです。

毎日の日焼け対策、どんな日であろうと同じではいけません。その日の予定行動に沿って、日焼け止めの程度を変えていきます。

店でのショッピング、洗濯干し等家事で、一日に何度か少しの間、日に接する人ならSPF20や、PAプラス2個分の物、コスメタイプを朝に使うと良いでしょう。数値が大であればそれだけ、肌を苛める事につながります。遊び運動目的で外に何時間も出っ放しでは無いなら、数値控え目を用いるのが良策です。

ずっと屋外に出ている場合にはSPF、PAが大きな、よく効く物を選びます。ただし、肌が弱っている人は薬剤にやられてカブれる恐れがあり、普段使っている物を厚く塗る方法が向いています。その方が肌のストレスを抑えたまま、なおかつ効き目を上げられます。

カテゴリー: お馴染みアイテム日焼け止めを知り尽くす パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です