日傘で日焼け対策する際の注意すべき所

日焼け対策グッズとして長らく活躍する日傘は、今頃はカラーもデザインもバリエーション豊かで、見る側の気持ちを彩ります。

選び方は機能重視なら色はダーク系が好ましいです。淡い色系は内に熱が溜まりにくい利点があり、涼しげです。

できるだけ日差しダメージを削りたいなら、紫外線に注目した作り、カット何十%と記載された物を選びます。雨天でも使って良いタイプもあり、何本も傘を持ちたくない人に相応しいです。もっと楽に持ち運びたいなら、バッグに入る畳める型がピッタリです。

色が濃い方が良いのは事実とはいえ、雨天ならともかく晴れ晴れした際に使うと、周りと浮いてしまい、夏ですと見た目が重苦しく映って、現実では使いづらいとは思います。

そこで色は薄めのを選び、加えてサンスクリーンを塗って、二重の日焼け対策を行います。主役でなくプラスアルファの意味合いで日傘を差す考えです。

ベストな日焼け対策とはいかずとも、日傘を頭上にかざしただけでも、無しよりは大分違います。

男性も前向きに用いる方が増えている日傘には、扱い方に注意が要ります。マナーをしっかり把握し気を付けておかないと、他人を不幸に巻き込みかねません。今一度チェックします。

人がゴミゴミしている中でも平気で差す行為は迷惑です。歩いていて人とすれ違ったら、ぶつけぬよう傘を避けましょう。傘を開く時は歩きながらでなく、一度止まって人がいないのを確認してから、唐突にでなく様子見しながら開きます。

日傘は自分本位で使うと周りの邪魔になりますし、うっかり尖った部分を他人にぶつけると大怪我を負わせます。マナーを守って使います。

カテゴリー: 日焼け対策を中からも外からも行う タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です