日焼け対策したつもりが、焼いてしまったら

一日にたった3分でも日に触れますと、小さいダメージを被ります。これを何十年も繰り返していると、とうとう肌が反応を起こし、シミ等の老いを感じさせる症状を出します。受けた紫外線の溜まりが要因で、とうとう肌の曲がり角に出遭ってしまいます。

それが恐くて人は日焼け対策を実践する訳ですが、いくら頑張っているつもりでも、一部日焼け止めを付けるのを失念すれば、非歓迎のムラのある日焼けの出来上りです。

焼いてしまったと後悔せぬために、以下の要注意ゾーンはとりわけ気を付けましょう。

くすみがかってしまいがちな目元は、日焼け対策を重視します。目周囲はUVカットを期待されるコンシーラーを使います。

塗り方は最初に手の甲の側にコンシーラーを付けたら、目の下に数点置きます。そして周囲に溶けるように指かスポンジでボカします。ブラシ形は、直に目下にチョン置きを行います。

次にする上まぶたは、目の下に塗った後、手の甲に残っているコンシーラーを直に塗布しましょう。ブラシタイプはまず人差し指に付けて、それから上まぶたへ移行させます。

鼻の両端は忘れやすいエリアであり、鼻もぽっこり毛孔が際立つゾーンです。UVを考えた上に、穴を埋められるようなタイプのコスメを選びます。

フェイスラインも思わず焼いてしまいがちです。アゴ、首、デコルテには容易に伸びる色の無い日焼け止めを用います。

不完全な日焼け対策では意味を成しません。今回ご紹介しました注意ゾーンを記憶しておいて、いざという時に思い出し完全な日焼け対策としましょう。

カテゴリー: シチュエーションにピッタリな日焼け対策を実践する タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です