日焼け対策できる服や帽子で身を守る

日焼け対策する気概が強い国では、独自に関連グッズにランク付けが作られ、もっと詳細な効き目の程を数値として目で見る事ができます。日本ではまだそこまで徹底されていません。そこで相応しいグッズを選択する時のポイントをここで一部ですがご紹介します。

現在は様々な服にUVカットが盛り込まれたアイテムが出ており、色もデザインも豊富です。

製造方法には二種あり、一つは紫外線を吸い取る薬剤を、繊維を作り上げる時に混ぜ込むやり方です。

もう一つは、服の形に整えたアイテムや、生地にUVカット剤を引っ付ける方法です。こちらは上から塗ったのみなので、何度か洗うと次第に効き目が消えていってしまう弱点を持っています。

日焼け対策したくなる状況は、大体湿気熱気が籠る時ですから、見た目は淡色や汗がすぐ乾くような素材を選びがちです。気分的に涼しげになれるのを着るのはよくある例です。

ところが一番紫外線を弾いてくれる色は、実はブラックです。暑苦しい雰囲気になるのは確実ですが、日焼け対策視点なら正しい選択です。さらに生地が厚く、織りが丁寧な服が理想です。織りは目が細かい方がよく詰まっている、スキマが少ない、ので優良という事です。粗いと涼しくはなる代わり、筒抜けで日焼け対策とはなりません。

帽子は顔を上から覆って影を作ってくれるパーツが広い物、柔らかく小さく丸められ携帯が楽な物等、色々あります。

頭頂パーツが無い物は汗蒸れする心配がなく快適ですが、日焼け対策目線で考えた時、紫外線が髪を損傷させる点を踏まえると、頭頂が隠れる方をかぶるのを推奨します。

カテゴリー: 日焼け対策を中からも外からも行う タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です