日焼け対策には吸収と散乱のどちらが良い

女性にとっては必ず一つは手にしておきたい存在、日焼け止めです。これが具体的にどんな働きをしてくれているかはご存知ですか。

太陽からやって来る光から肌を守るには、奥へ入られる前に、化学成分を使って吸い取ったり、弾き返せば良い訳です。

防止の働きをする薬剤は二つで、吸収型と、散乱型があります。

SPF30以降の物だと主成分に配合されるケースが目立つ吸収型は、文字通り吸い取って、熱に変換させ肌への進攻を止める役割を有します。メイクが崩れるのを抑える耐水機能を持つので、防止力に優れ、汗がいっぱい出てしまう運動時に向きます。

ところが、肌にもダメージが行き、共に酸化も激化するため、頼り過ぎると肌がとても弱るデメリットがあります。従いそれほど動かない日常シーンで使うと日焼け対策にはなる代わりに、乾く等、本来守りたいはずの肌を傷め、酷いとアレルギーを発します。はじめから刺激に耐えられない人には不向きです。

吸収型は油状や水溶等種類に富み、昔は一部の薬剤が、劣化したり思わぬ変化をして肌が想像を超えて痛むケースが相次ぎました。トラブルストップのため、関連企業が日々改良を重ねてきたお陰で、依然と比べれば質は上がっています。

日常シーンでのケア主流として活躍するのは、マイルドな散乱型です。非常に細かい粒を身に纏わせて、紫外線を外へと跳ね返す事でガードします。こちらの方が肌損傷の恐れ無しです。SPF、PAの小さい物には、これで構成されるのが普通で、何気ないお買いもの、子供の送迎等に使う日焼け対策に最適です。

カテゴリー: お馴染みアイテム日焼け止めを知り尽くす タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です