日焼け対策の方法をボディパーツに合わせる

全身に使っていいと謳うアイテムもあるものの、特に顔にはそれ専用の日焼け止めを使った方が、日焼け対策としては良です。

全身用はコスト面で大助かりですが、顔の肌に懸念が残ります。フェイス用は顔に沿うような成分で構成されているのが通常で、理屈上では顔もボディの一部といえども、フェイス用の方がマイルドです。

他にフェイス用の利点としては、下地扱いにできるタイプもあり、化粧するついでに塗れて、便利な所です。

メイク状態をキープする働きを持った物も売られています。メイクが落ちる犯人、汗や油を抑える粉を混ぜた物が目立ちます。潤い保持にも優れ、パウダーファンデを使っても、粉が吹いて見た目が悪くなるのを防げます。

トーンを明るく装う事も可能です。ボディ用ですと白が強く出過ぎてしまう心配が生まれますが、フェイス用はもっとバリエーション豊かで、白くなり過ぎぬよう、その人のカラーに合わせた物が色々売っています。お陰で不自然にならない程度に、トーンが上がり雰囲気が華やぎます。

ボディ用は効果優先に作られていて、強力な薬剤が用いられます。顔に使うとかぶれるリスクを孕んでいます。

ではボディ用が肌に良くないかと問われれば、それは違います。フェイスが刺激少な目になるよう気を遣われるのは、特に皮膚厚がなく、成分がきついとすぐに反応して、かぶれてしまうためです。

他のボディパーツなら厚みがあって、その分多少強い成分を塗っても平気という理由で、刺激が強めな日焼け止めとなるケースが常です。

ボディパーツ各々の皮膚の厚み、日の接触具合まで考えた日焼け対策を実施します。

カテゴリー: シチュエーションにピッタリな日焼け対策を実践する タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です