日焼け対策は柔肌の赤ちゃんにも必要

赤ちゃんが無事生まれて来たのに喜ぶのも束の間、これから歩けるようになるまで色々大変な世話が待っています。日焼け対策もその一つに含まれます。

天気が良い日に、近場の公園で日光浴を楽しむ母子の姿は、少し前まで日常の光景でした。

しかし状況は一変し、日光浴のメリットはもはやほぼ無くなりました。紫外線量が酷くなったためです。現在は日ではなく外の環境に慣らすように、と方針が変わっています。

赤ちゃんの肌は成人よりも遥かに弱弱しいです。勿論自分でケアもできません。保護者が日焼け対策を行う事が求められます。

赤ちゃんに向いているのは、ガード力が強い薬剤が不使用な日焼け止めです。最近はそうした安全に配慮された物が多くなってきており、すぐにでも手に取れるのが嬉しいです。吸収剤が混ざっていると、強刺激となってかぶれたり発赤の素になるので、成分表示は注視します。

そして易しく万遍なく塗れて落としやすい物、余分な香りと色が共に無い物にするのが、赤ちゃんのためになります。

SPFに書かれた数が大だと、強烈で良くありません。日常の外出レベルなら、SPF数値が小さくても効力を発揮できます。帽子や関連服等も使います。レジャーに出掛ける際は、やや効果が強めの物に変えるか、いつも愛用している物を2度塗りします。

赤ちゃんと外へ出る時は、帽子を被らせたり長い袖のシャツを着せたり、日差しの危険を減らす工夫が重要です。出来る事なら、日焼け止めは使わない方が肌を思えば適切です。1歳を過ぎて積極的に動けるようになってきたら、塗る形を取るのが相応しいです。

カテゴリー: シチュエーションにピッタリな日焼け対策を実践する タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です