日焼け対策対象は窓にも及ぶ

紫外線は部屋内部にも来ます。お出掛けシーンでは完璧でも、帰宅したら無防備に、では真に日焼け対策の体を成していない恐れが考えられます。すなわち窓にUVコーティングを行うのです。

得られるメリットは部屋が暑くなりにくくなる、それと暑くなると湧く虫を減らせます。

私達は紫外線の存在を目視確認できる力を持っていません。虫は感じる事が可能です。夜、街灯に群がる虫の集団を見た事が一度はあると思います。人工光を太陽と勘違いして向かっているのです。光というよりも紫外線を元に飛来します。

よって窓にコーティングしておけば、虫は感知できなくなり、窓に貼り付く数が減ります。ただどんな虫でも効き目がある訳でなく、日焼け対策のついでに得られるもの、と思っておいた方が良いです。

お出掛けや営業外回り、車で色々巡る方には、車窓の日焼け対策も大切です。日焼け止めは勿論活かしているとは思いますが、たくさん動き回って汗をかき、すぐに効果が落ちます。盲点ですが、車移動時の日焼け対策の方が大事だったりします。

車に居る間、目が紫外線を察して肌を焼くよう指令を出していますので、サンスクリーンを塗った、アームカバーをつけた、だけではまだまだ足りないです。サングラスや日焼け対策用メガネで、目から入ってくる分をガードします。目のケアも意識してみましょう。

車に貼付する専用フィルムは、特に前側は色つきは止めましょう。濃いのはアウトです。

車窓に加え家の窓にもできれば、特にお子さんがいる人には重宝します。

カテゴリー: 日焼け対策を中からも外からも行う タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です