白内障の片棒を担ぐ

日焼け対策をしなかった事による害といえば、スキンエイジングを一番目にイメージに浮かべると思いますが、眼にも害が及びます。

紫外線が元と指し示されるのが、一切視えなくなる危険性も孕む白内障です。主因という訳でなく、およそ2割、原因として占められます。非常に低確率でそれほど構える必要はありません。とはいえ、太陽光量がたくさんな場所に住む方程、発症率は高くなる事が分かっており、全く関係が無いとも言い切れないのです。

白内障とは眼に備わる水晶体がおかしくなり、視るのを邪魔する症状の事です。水晶体は、透いて弾み有る性質を有します。

発症する流れは、眼の中を突破した紫外線が、まっすぐに奥まで進みます。普段は水晶体が処理してくれるものの、あまりにもずっと同じ状態が続くと、変性が起きて本来の機能が衰えてきます。例えれば、目玉焼きでしょうか。

進行速度は極めてスローペースで、何十年もの年月を費やすのが常です。途中で痛いと思ったり、血走るといった分かりやすい違和感を確認しにくいのも特徴です。

代わりにかすむ、やたら眩しさを感じる、見ている対象物の輪郭がぼやける等、正常な視確認が難しいな、と感じ取る事が増えて来ます。

紫外線そのものが犯人というより、ほぼ老化による朽ちが要因と思った方が良いでしょう。高齢になるほど発症者が増す傾向です。

いくらあまり紫外線が関与しないとはいっても、病気というのは、種々の要素が手を組んで病を形成するので、無視はいけません。日焼け対策で少しでも阻止を行います。

カテゴリー: 日焼け対策をしないリスク タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です