目の日焼け対策が可能なサングラスを選ぶ

感知するのは何も肌だけでなく、目も紫外線を把握できますので、白内障等を引き起こすかもしれません。また正確には肌が反応するというより、紫外線をキャッチした目を通して、脳が判断し、刺激具合を基に、黒いメラニンを出して守れとの指令を下すのです。

目の日焼け対策として効くのは、サングラスです。単なるファッションではない、未来の綺麗な肌を約束するスーパーアイテムです。とりわけ日の当たりがきついオーストラリアでは、多くが専用サングラスを利用します。

日本でも着実に、日焼け対策への意識が強まっている良い兆しが見えます。今ですとメガネにも日焼け対策を施した物が売られています。

サングラス選びをするなら、レンズ質に着目です。単純に紫外線カット率が大きい方が効きます。

色の濃さですが、仮に二つのサングラスがあったとします。共にカット率は同等、一つは色が薄く、もう一方は濃い場合は、薄い方が実は有利です。

瞳孔は闇では光をいっぱい得ようとして、大きくなる性質を持ちます。ですから、仮に濃い暗い色をした方を使うと、瞳孔の幅が拡大し、その分たくさんの紫外線を吸収してしまう事になります。サングラスカラーのイメージは真っ黒ですが、日焼け対策を一番優先する場合は、真っ黒でない薄いカラーを選ぶのが正しい選択です。

日本ではサングラスに抱くイメージが、格好を付けている等あまり芳しくないです。将来の体調を思うなら、こうしたアイテムを活かす方が良いでしょう。あるいはカット性質のあるメガネで代用するのも手です。

カテゴリー: 日焼け対策を中からも外からも行う タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です