適切な日焼け対策をするための選び方

お店で日焼け止めコーナーを見ると、非常に色々な種類がある理由は、1種で済まないからです。

強い日差しの下に長い間居る場合、そうでない場合では、どの日焼け止めを選ぶかが違ってきます。さらにもっと簡単に使えるようにと、各メーカーが競って色んなテクスチャを登場させている背景からも、どんどん種類が出る理由に当てはまります。

沢山並ぶのは分かるが、面倒だからといつでもどこでも同じ日焼け止めばかり使っていませんか。巷では焼くリスクがかなり減らせる嬉しいメリット目当てにSPF値がマックスな物を選ぶ方が多いです。

しかしそれでは、肌への悪影響も上げるため、いたずらに肌を傷つけてしまう事になりかねません。しかもSPF50の光を通さない率は98%といわれる一方で、30はおよそ97%で、大きく数値は違えど効力はあまり変わらないのです。

ですから用途は言うまでも無く、スキンストレスも考えた物を選び出して、適切かつ安全に日焼け対策をし、後10年経っても綺麗なままでいる肌を作り上げましょう。

普段過ごす中で日に触れる時間は大体60分前後です。たとえ少ない間しか外に出ないとしても、肌はしっかり反応します。特に日焼け対策せずに放れば、早くてたった15分でもう累積されシミを増やす元が出来上がります。SPFやPAのパワーが小さいタイプを顔、首、体に塗っておきます。

日の差し込みが激しく、3時間以上当たるのであれば、強力な物に頼ります。暑いシーズンにはダラダラ汗で流れてすぐ取れるため、数時間経過したらまた塗りましょう。効き目が高い物を選ぶ以上に、もう一回塗る動作の方が日焼け対策として威力を発揮します。

カテゴリー: お馴染みアイテム日焼け止めを知り尽くす タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です