食べて回復を速める事は日焼け対策になる

関連コスメや日傘、帽子を使うといった、外からガードを行うのが普通の日焼け対策です。勿論それらでも十分な効果を発揮します。もう一つ、忘れてはいませんか。より易しく有効な日焼け対策です。

そうです、外からの防護だけが日焼け対策ではありません。栄養を含ませた食物で、元気回復を図るのです。

ビタミンC、そしてEやAは、全てとても活用できる栄養です。

特にCは美に効きますし、悪しか生まない活性酸素を打ち消します。外から助けるコスメタイプ以上に、直に食べてエネルギーを摂った方が確実に肌に良いです。貯蓄できないので、日々摂る事が推奨されます。Cは体が作る黒い色を消す効力を有し、Eとのコンビネーションも抜群です。紫外線の損傷を小さくする、肌の新古交代を正常に行わせるメリットも持ちます。

Eも活力を得るのにぴったりで、Aは皮膚の縁の下の力持ちであるコラーゲンを生み出すお手伝いができます。

各々栄養を食で摂って、中から日焼け対策を練るのが基本です。

具体的フードを示します。まずはトマトで、標準サイズを2個食せば一日必要量の半分は得られます。抗老化の力が群を抜いて大きく、良い点ばかりが際立ちます。非加熱が良いので、サラダにして食します。

タマゴ、パイナップル等も良いです。鬱積した疲れも消えて一石二鳥です。

Cは水に馴染む性質持ちで、脆いので短時間調理が必須です。水で洗った時に、洗った水の方へと流れていったり、加熱中は熱される分性質が消えて無くなっていきます。イモは例外でCを保てる能力に富みます。

体の回復に関しては、自力では手立てがないので、素直に食に頼りましょう。

カテゴリー: 日焼け対策を中からも外からも行う タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です